鼻魔女 鼻整形 オススメ 鼻整形 オススメ クリニック ランキング 鼻魔女 鼻整形 オススメ

鼻魔女 鼻整形 オススメ

美容整形業界において、鼻整形は二重整形に次ぐ人気な施術となっています。

しかしながら、鼻の構造は非常に複雑になっており、美容整形の中でも非常に難易度が高いものです。

ですから、美容外科に施術を任せっきりにしてしまうのではなく あなた自身でも鼻の構造や美容整形について深く理解する努力が必要です。

こちらのページでは鼻整形の方法をまとめながら、美容整形を受けるまでに知っておくべき知識についてもお伝えしていきます。

 

鼻整形を受ける際には、あなた自身がどういった鼻を希望しているのかを明確にして、担当医にシッカリと伝えることが成功確率を上げる上で大切になります。

 

こういった意味でも、すぐに美容整形を受ける美容外科クリニックを選んでしまうのではなく、セカンドオピニオンとして複数のクリニック・専門医にアドバイスを受けることをオススメしています。


鼻整形 オススメ クリニック ランキング

ランキングを見る

 

隆鼻術

隆鼻術 鼻魔女

 

キャラ

鼻整形の中でも「隆鼻術」を受ける件数が圧倒的に多くなっています。

目的は鼻を高くすることですが、方法としては4つ挙げられます。(ヒアルロン酸・プロテーゼ・ゴアテックス・自家組織)

 

あなたの鼻の状態や希望する仕上がり、高さによっても最適な方法は異なってきます。

隆鼻術の方法4つ
  • ヒアルロン酸の注入
  • プロテーゼの挿入
  • ゴアテックスの挿入
  • 自家組織の挿入

ヒアルロン酸の注入

ヒアルロン酸 隆鼻術

ヒアルロン酸による隆鼻術は非常にシンプルで数分程度で完了します。

 

また、整形トラブルに巻き込まれるリスクも非常に低いので、まずはヒアルロン酸で隆鼻術を受けてみることをオススメします。

将来的にプロテーゼやゴアテックス、自家組織での隆鼻術のイメージをするという目的でも意味があります。

 

さらに、万が一ヒアルロン酸を注入して問題が起きた場合には、ヒアルロン酸分解酵素を注入することでスピーディーかつ簡単に除去できます。

 

ヒアルロン酸の吸収

個人差や体質によっては4,5年ほど効果が持続することもありますが、基本的にヒアルロン酸は注入してから1年から2年ほどの時間を経て、体内に吸収されていきます

 

ヒアルロン酸は皮膚と接している部分から徐々に吸収されていくため、少しずつ分散して注入されると比較的短期間で吸収されるようになります。

 

その一方で、まとめて注入されると皮膚と接する部分が少ないことも会って、緩やかに吸収されていくという性質もあります。

 

時間とともに形状が変化していく

ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分のため、アレルギーのリスクは非常に低くなっています。

 

そのため、アレルギーテストの必要なく注入することもできるほど、安全性が高いものです。

 

ただし、プロテーゼ・ゴアテックスなどのような固形物ではなく、ヒアルロン酸は流動物のため、時間とともに鼻の形状が変わってくるリスクがあります。

 

たとえば、ヒアルロン酸の注入直後は鼻筋が通って、高さも理想的な状態になるとは思いますが、1,2年後にはヒアルロン酸が横に広がって高さが失われて鼻が太くなるような場合もあります

 

粗悪な低価格のヒアルロン酸に注意

ヒアルロン酸は1種類だけではなく、さまざまな種類のものが存在しています。

 

美容外科クリニックによっては、リーズナブルな美容整形を売りにするために低価格の粗悪なヒアルロン酸を使っているところもあります

 

もちろん、リーズナブルな価格設定のクリニックでも高品質なヒアルロン酸を使っているところはありますから、この点については無料カウンセリングで質問して見極めることが重要です。

 

ヒアルロン酸でできること・できないこと

ヒアルロン酸の使い方
  • 鼻を全体的に高くすることはできる
  • 鼻筋を通す・鼻先を細くすることはできない

ヒアルロン酸は流動物であるため、特定の場所に長期間しっかりと固定することができません。そのため、鼻筋を通したり、鼻先を細くするといった目的の鼻整形には向いていません

 

ただし、悪質な医師の場合には 鼻筋・鼻先にもヒアルロン酸は使えると言ってくることもありますから、そういった美容外科クリニックでは施術を受けないようにしましょう。

 

ヒアルロン酸の注入では鼻を高くすることができますが、時間とともにヒアルロン酸は横へ広がっていって高さは徐々に失われていくことには注意してください

 

ヒアルロン酸注入・よくある質問

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

吸収されない医療材料の方が良いのでは?

ヒアルロン酸は2年経過すれば吸収されてしまいますから、長期的に考えると費用が馬鹿にならないと懸念されているかもしれませんね。

 

ヒアルロン酸以外にも、隆鼻術に使用されている医療材料としては「レディエッセ」・「アクアミド」・「バイオアルカミド」などがあります。

ヒアルロン酸以外に注入できる医療材料
  • レディエッセ
  • アクアミド
  • バイオアルカミド

レディエッセはヒアルロン酸と比較すると吸収までに時間がかかるメリットがありますが、それでも2年経過するとほとんど吸収されてしまいます。

 

しかしながら、レディエッセの場合にはヒアルロン酸のように分解酵素を注入して簡単に除去することができません

 

ですから、万が一 レディエッセを注入して整形トラブルになったとしても、流動物ですから簡単に除去することもできないというリスクが有るのです。

 

また、アクアミドやバイオアルカミドは数十年後も体内に留まり続けるということでお得に感じられるかもしれませんが、見方を変えれば 一生涯シコリや炎症に悩まされ続けるようになるかもしれません。

<体に吸収されない医療材料のリスク>

アクアミドやバイオアルカミドは日本で使用され始めたばかりですから、数十年後先にどうなるかはハッキリしないところが大きいです。

 

ただし、日本よりも早い段階で導入している欧州諸国ではシコリや炎症に悩まされている患者が出ていると言われています。

こういったリスクを考慮すれば、ヒアルロン酸のメンテナンス費用は安いものです。

 

どこにでも好きなだけ注入できるの?

ヒアルロン酸は非常に安全性の高い医療材料ですが、注入量や注入部位によってはリスクが大きくなります。

 

ヒアルロン酸による隆鼻術は「プチ整形」に分類されますが、プチ整形をするにあたって重要なことは「簡単に施術・修正ができる」ということです。

 

ですから、ヒアルロン酸を注入する際にも担当医の方とリスクについて十分に話し合い、整形トラブルのことも見据えて修正しやすい分量・部位で行うことを強くオススメします。

鼻整形 オススメ クリニック ランキング

ランキングを見る

 

プロテーゼの挿入

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

プロテーゼとは?

シリコン樹脂によって作られた人口軟骨

古くから美容外科・形成外科で使われており、非常に安全性の高い医療材料

あなたも鼻整形と聞くと、プロテーゼ挿入を思い浮かべることが多いのではないでしょうか?

 

お手軽さという点ではヒアルロン酸がオススメですが、鼻筋を通したり鼻先を細くスッキリさせるためにはプロテーゼ挿入が最適です。

プロテーゼを挿入する手順
  • 理想的な鼻の形を決定
  • プロテーゼの下処理(デザイン)
  • 骨膜下にプロテーゼを固定

ただし、プロテーゼはそのまま鼻に挿入する訳ではなく、まずはプロテーゼの形を最適化する下処理が必要になります。

 

また、基本的にプロテーゼは鼻内部の骨膜下に固定されるので、骨膜の剥離処理にも高い技術力を持つ美容外科医から施術を受けることが重要です。

 

I型プロテーゼとL型プロテーゼ

プロテーゼ 隆鼻術

キャラ

プロテーゼの形にはI型プロテーゼとL型プロテーゼというものがあります。

L型プロテーゼは抜群の安定感で鼻を高くできるだけでなく、鼻先も細くすることができます。

 

ただし、L型プロテーゼだと長い時間が経過すると将来的に鼻先がアップノーズになってしまうリスクや鼻先への負担などの悪影響も懸念されます。

 

そのため、特に理想的な鼻の形にこだわりがない場合には、基本的にI型プロテーゼによる隆鼻術を推奨します。

 

プロテーゼには整形トラブルのイメージが強い?

  • プロテーゼが鼻先から飛び出してしまった
  • 鼻筋を圧迫するとプロテーゼがグラグラ動く
  • 鼻内部で石灰化して抜去手術が必要になった

プロテーゼを使った鼻整形では、上記のような整形トラブルについて あなたも聞いたことがあると思います。

キャラ

プロテーゼは基本的に安全性の高い医療材料ではあります。

ただし、過度に鼻を高くしようとしたり 鼻先を出そうとすると皮膚に負担がかかって将来的に問題が発生するリスクは高まります

 

ですから、担当医とカウンセリングを通して あなたにとって理想的な鼻の仕上がりと長期的な安全性を見据えた現実的な仕上がりのギャップを埋めていくように心がけましょう。

 

劣悪な美容外科クリニックに要注意!

プロテーゼは鼻内部の骨膜下に固定することが一般的ですが、不適切な医師から施術を受けると皮下にプロテーゼを埋め込まれる場合があります。

そうすると、プロテーゼが皮膚だけで十分に固定されていないために手で触れるとグラグラ揺れてしまうような仕上がりになりかねません。

 

他にも、安価な価格設定だけを売りにしている美容外科クリニックの場合には、粗悪なプロテーゼを使っているところもあります。

 

低品質なプロテーゼを使ってしまうと、鼻内部で石灰化が起こってしまい結局 修正手術でより多くの費用がかかることになってしまいます。

 

ゴアテックスの挿入

ゴアテックスも鼻整形で使われる医療材料ですが、比較的新しいものですから聞き慣れていないかもしれませんね。

 

形状や使い方はプロテーゼと同様ですが、あなたの体質や理想的な鼻の条件によってプロテーゼかゴアテックスを使い分けることになります。

 

皮膚の薄い方がプロテーゼを使うと、鼻筋にプロテーゼの輪郭が浮き出て不自然な仕上がりになってしまうことがあります。

 

この点、ゴアテックスであればプロテーゼよりも柔らかく作られているので、皮膚が薄い方でも明らかに人工物とわかってしまうような輪郭が浮き出る心配がありません

 

また、眉間の方から鼻筋を通したいという場合に プロテーゼだと硬すぎるのですが、ゴアテックスであれば柔らかいので眉間部分まで挿入できます

 

以下では、「組織への癒着・感染リスク」の2つの点においてプロテーゼとゴアテックスを比較していきます。

組織への癒着
  • プロテーゼ
    組織とは癒着しないため、石灰化したり輪郭が浮き出てくるリスクがある。
  • ゴアテックス
    組織と緩やかに癒着していくが、納得できなければ抜去もできる。

プロテーゼは何年体内に入れていようと、組織と癒着することはありません。

 

そのため、気に入らなければ抜去しやすいというメリットもありますが、粗悪なプロテーゼだと石灰化してしまったり、固定がうまくされていないと輪郭が浮き出てくることもあります。

 

ゴアテックスは組織と緩やかに癒着していくため石灰化の心配はありませんし、施術後すぐに抜去したいという場合であれば問題なく修正手術が受けられます。

感染リスク
  • プロテーゼ
    感染があった場合には、施術後直後に発症する。
  • ゴアテックス
    感染があっても直後には発症せず、時間の経過とともに症状が出てくる。

近年では日本人の間でも韓国での美容整形ツアーが人気になってきていますが、ゴアテックスによる鼻整形は割けるようにしましょう。

 

韓国での整形で感染があった場合でも、韓国滞在中には症状が出ずに日本に帰国してから徐々に問題が出てくる可能性があるからです。

 

そのため、ゴアテックスによる鼻整形を受ける場合には、すぐに担当医に検診を受けてもらえるアクセスしやすいクリニックで受けるようにしましょう。

 

カウンセリングでは素材・下処理・美的センスをチェック

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

ここまではプロテーゼ・ゴアテックスについてお伝えしてきました。

 

鼻整形を受けるクリニックを選ぶ際には3つのポイントをチェックしましょう。

チェックポイント3つ
  • 医療材料の素材品質
  • プロテーゼ、ゴアテックスのデザイン技術
  • 担当医の美的センス

使われている医療材料の素材品質、プロテーゼやゴアテックスの下処理(デザイン技術)、そして担当医の美的センスを確認してください。

 

プロテーゼ・ゴアテックスによる鼻整形であれば、以上の3点で鼻の仕上がりが決まります。

 

美容外科クリニックによっては高級プロテーゼやオリジナルプロテーゼを使っていることをアピールしていますが、これらは問題ではありません

 

適切な品質のプロテーゼ・ゴアテックスを高い美的センスでデザイン(下処理)することができれば、あなたにとって理想的な鼻が手に入ります。

 

自家組織の挿入

自家組織 軟骨 隆鼻術

キャラ

あなた自身の自家組織を使って隆鼻術を受けることもできます。

自家組織による隆鼻術としては耳介軟骨移植を耳にしたこともあるのではないでしょうか?

 

耳介軟骨のような軟骨の他にも、筋膜も自家組織として活用されることもあります。

 

ただし、筋膜は時間が経過すると体内に吸収されてしまったり、萎縮することがあるため、将来的なリスクを考慮するとオススメできません

 

極めて安全性は高いが?

自家組織であればプロテーゼやゴアテックスなどの異物反応のリスクはありませんから、自然と鼻に馴染んでいきます。

 

しかし、非常に癒着しやすいため仕上がりに納得できなかった場合や軟骨が変形してしまった場合にも修正手術が困難になるリスクがあります。

 

修正手術をしないのであれば問題はないのですが、どうしても軟骨を除去したいとなると鼻に大きな負担がかかることになります。

軟骨の種類3つ&特徴
  • 肋軟骨
    鼻筋を通す・高さを出す上で有効
    暑さ・大きさがあるために加工しやすいが、削りすぎると変形リスクが高まる
  • 鼻中隔軟骨
    平らな形状のため変形リスクの心配はない
    薄いために鼻の高さを出すには限界がある
  • 耳介軟骨
    形状が不規則・複雑かつ薄いため変形しやすい
    鼻先が曲がったり、凸凹になりやすくオススメできない

鼻整形 オススメ クリニック ランキング

ランキングを見る

 

鼻尖縮小

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

だんご鼻や鼻先の丸みがコンプレックスなら鼻尖縮小がオススメです。

鼻整形の中でも、鼻尖縮小は比較的リスクなく受けられるものになっています。

だんご鼻の原因とは?

だんご鼻や鼻先の丸みの原因は、鼻先の皮下組織が厚かったり、軟骨の軟部組織が厚いことが原因になっています。

 

そのため、鼻尖縮小では余分な組織を切除することでスッキリした鼻先を形成していきます。

 

他の鼻整形のようにプロテーゼや自家組織を挿入する必要が無いですから、その分リスクも低くなるわけです。

鼻尖縮小に向いている人

チェックポイント
  • 大きな鼻がコンプレックス
  • 丸い鼻先を細く・小さくしたい
  • 鼻先を少し上向きにしたい

鼻尖縮小のリスク

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

鼻尖縮小は余分な組織を切除するだけのシンプルなものですから、そこまで整形トラブルを気にする必要はありません。

ただし、鼻尖縮小によって起こりうるリスクについて一応まとめておこうと思います。

 

鼻全体のバランスが悪くなる

鼻先だけでなく鼻筋から鼻根部まで全体的に太い方が鼻尖縮小すると、鼻先だけ細くなってしまい全体的にバランスの悪い鼻になってしまいます。

 

美容整形全般に言えることですが、ある一部分だけを望みどおりに整形するのではなく、あくまで全体とのバランスを考えて受けることが大切です。

 

アップノーズになってしまう

鼻尖縮小では鼻先の余分な皮下組織・軟部組織を切除してから、鼻の左右にある鼻翼軟骨というものを引き寄せることで鼻先を細くします。

 

この際に、軟骨が引き寄せられると同時に鼻先が若干上向きになります

 

もともと鼻先が下向きの方であれば気にならないかと思いますが、もともと鼻先が高めの方だと鼻の穴が見え過ぎるような仕上がりになってしまいます。

 

効果を実感できない

余分な組織を切除して尾翼軟骨を引き寄せることで鼻先を細くしますが、人によっては軟骨部分の感覚が狭いことがあります。

 

こういった場合には、尾翼軟骨を引き寄せることができないので、鼻尖縮小だけではスッキリした鼻先に仕上げることが難しいこともあります。

 

この場合には、鼻尖縮小と合わせて鼻尖形成を受けることで、あなたにとって理想的な鼻先に仕上げることができます

 

ですから、一方的にあなたの要望を伝えるだけでなく、担当医に鼻尖形成に適正があるかどうか聞いてみることも大切です。

 

他にも、いくつかの美容外科クリニックの無料カウンセリングを受けてセカンドオピニオンも参考にしてみましょう

鼻整形 オススメ クリニック ランキング

ランキングを見る

 

鼻尖形成

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

鼻尖形成も鼻尖縮小と同じように、だんご鼻や鼻先の丸みを解消することが目的の整形手術です。

 

鼻尖縮小と比べると 単純に余分な皮下組織や軟部組織を切除するだけでなく、耳介軟骨や鼻中隔軟骨を鼻先に移植することでより自由度の高い鼻先の形成ができます。

鼻尖形成に向いている人

チェックポイント
  • 大きな鼻がコンプレックス
  • 丸い鼻先を細く・小さくしたい
  • 鼻先をアップノーズにしたくない
  • 鼻先の向きや形を理想に近づけたい

鼻尖形成であれば自家組織である軟骨を移植することで、鼻先の角度や形状を自由に変化させることができます

 

鼻先を伸ばす鼻整形にはプロテーゼを使うものもありますが、鼻尖形成という選択肢も把握した上で選べるとよりあなたに最適な手術方法が見えてくるはずです。

 

鼻尖形成のリスク

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

鼻尖縮小と比較して より自由に鼻先を変化させることができる鼻尖形成ですが、変形しやすい耳介軟骨などを使うことによるリスクが高くなります。

納得の行く形にならないリスク

鼻尖形成は軟骨を鼻先に移植する難易度の高い美容整形です。

 

そのため、経験が少ない未熟な美容外科医に担当されてしまうと、納得の行かない形になってしまうことはよくあります。

 

美容外科クリニック選びを慎重にするのは当然ですが、あなたの鼻整形を担当する美容外科医が誰なのかも把握しておきましょう

 

鼻先が変形して曲がるリスク

鼻尖形成で主に使われる耳介軟骨は形状が複雑かつ薄くなっているので、非常に変形するリスクが高いです。

 

鼻先が左右どちらかに傾いてしまって不自然な形で定着してしまうこともありますし、手術後に軟骨がズレてしまうこともあります。

 

鼻尖形成は手術後の修正が非常に困難である点もデメリットですから、しっかりとアフターケア・修正手術も担当してくれる美容外科クリニックを選びましょう。

 

鼻先が感染するリスク

美容整形に限らず、移植手術になると感染リスクがあります。

 

感染すると術後すぐに症状が出ることがほとんどですが、人によっては2,3週間ほど経過してから発症することもあります。

 

基本的には抗生剤で対処することになりますが、あまりにも症状がひどい場合には開創して感染部位を治療することも覚悟しておきましょう。

 

手術中に感染が起きてしまう主な原因は治療室の衛生管理です。

 

感染リスクを最大限抑えるために、高水準な衛生管理が行われている美容外科クリニックを選びましょう。

 

衛生管理を判断する基準としては「クリーンルーム規格」というものがあります。

クリーンルーム規格とは?

空気中における浮遊微粒子、浮遊微生物が限定された清浄度レベル以下に管理され、また、その空間に供給される材料、薬品、水などについても要求される清浄度が保持され、必要に応じて温度、湿度、圧力などの環境条件についても管理が行われている空間。

つまり、空気中だけでなく治療室で取り扱われる器具から床の上まで、細菌が付着していない非常に衛生的な空間を指します。

 

美容外科クリニックでも、クリーンルーム規格を満たしているところは数えるほどしかありません。

鼻整形 オススメ クリニック ランキング

ランキングを見る

 

鼻中隔延長

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

鼻尖縮小・鼻尖形成は鼻先を調整する美容整形でしたが、鼻中隔延長では鼻の土台を大きく作り変える美容整形です。

大掛かりな手術になるため、基本的には全身麻酔を使うことになりますが、場合によっては局所麻酔のみで行われることもあります。

鼻中隔延長では鼻中隔軟骨の一部を切り離すことで、鼻を長くしたり鼻先の角度や位置を自由に変化させられます。

 

正面から鼻の穴が見えてしまうブタ鼻や短い鼻などのコンプレックスを解消することができます。

 

鼻中隔延長に向いている人

チェックポイント
  • ブタ鼻・短い鼻がコンプレックス
  • だんご鼻で鼻が大きく見える
  • 鼻の角度を変化させたい
  • 短い鼻を全体的に長くしたい

 

オープン法とクローズ法

鼻中隔延長には表面に傷跡が残るオープン法と鼻の穴の内部のみを切開するクローズ法があります。

 

オープン法では鼻柱を切開して、鼻尖部を開いた状態で手術をしていきますから、鼻の延長に必要十分な大きさの鼻中隔軟骨を採取しやすくなります。

 

一方で、クローズ法では傷跡が表面に残りにくいメリットは有りますが、適切な形状・大きさの軟骨を採取できないため大きな変化は期待できません。

 

術後のアフターケア

手術後は鼻用のギプスで鼻全体を固定するようになります。

 

一週間ほどでギプスを外しても大丈夫になりますが、腫れや炎症が続いている場合には着用を1週間以上続けていきます

 

鼻中隔延長のリスク

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

  • 鼻先や鼻柱が左右に傾く
  • 移植軟骨が不十分で延長不足になる
  • 感染症を引き起こす

オープン法による鼻中隔延長では、鼻柱から鼻先全体を切開して開くため、縫合作業がうまく行われないと左右どちらかに傾くこともあります。

 

また、移植軟骨が不秋分で納得行くまで鼻が延長できなかった場合には、鼻孔縁延長を組み合わせることで鼻をさらに延長させることができます。

 

これらの他にも、以下のような整形トラブルが発生するリスクがあります。

その他のリスク
  • 鼻の過剰な延長
  • 延長方向のミス
  • 鼻づまり

鼻整形 オススメ クリニック ランキング

ランキングを見る

 

鼻孔縁延長

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

鼻孔縁延長はそこまでポピュラーな鼻整形ではありませんが、短い小鼻に耳の皮膚を移植して小鼻を長くする美容整形です。

鼻の穴が正面からまる見えであることがこのプレックスな方は、尾翼部分(小鼻)を長くすることでブタ鼻を解消できます。

 

鼻孔縁延長に向いている人

チェックポイント
  • 正面から鼻の穴が見えている人
  • 小鼻も鼻先と一緒に下げたい人

 

手術の流れ

キャラ

鼻孔縁延長の手術は2階に分けて行われます。

大きめの皮膚片を鼻翼に移植する

まずは耳から採取した大きめの皮膚片を鼻翼に継ぎ足していきます。

 

移植した皮膚片は時間の経過とともに少し萎縮するため、最初の段階では大きめに採取しておきます。

 

萎縮して定着した段階で、デザインに問題がなければこのまま手術が終了することもあります。

 

鼻孔縁をトリミングする

皮膚片が定借して萎縮も仕切ったら、綺麗な鼻の穴を形成するために鼻孔縁をトリミングしていきます。

 

以上の流れで、美容縁延長が完了します。

鼻整形 オススメ クリニック ランキング

ランキングを見る

 

鼻翼縮小

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

鼻翼縮小は小鼻の広がりを抑えて、鼻全体をコンパクトかつシャープに見せるための美容整形です。

キャラ

小鼻が広がっている鼻をコンプレックスに感じている方は、ぜひ鼻翼縮小を検討してみましょう。

鼻翼縮小の切開法は3種類

鼻翼縮小には大きく3つのアプローチ方法があります。

3通りの切開法
  • 鼻翼外側切除
  • 鼻翼内側切除
  • 鼻翼両側切除

鼻翼を外側から切除するとなると当然傷跡がつくことになります。

 

そのため、多くの方は鼻翼内側切除を望みますが、優先すべきは最終的な仕上がりです。

 

小鼻の広がり具合や鼻全体のバランスを考慮して、最適な切開法でアプローチすべきです。

 

鼻翼縮小のリスク

  • 鼻の形が不自然になる
  • 鼻の穴が無くなる
  • 傷跡が目立ってしまう

最適な切開法を選択しないと、無理な切除方法のせいで仕上がりが不自然になってしまうこともあります。

 

もちろん修正手術をうけることは可能ですが、切除部分が大きかった場合には非常に難しくなります。

 

内側から切開する場合には傷跡が目立つことはありませんが、外側から広範囲に渡って切除すると傷跡が目立つこともあります

鼻整形 オススメ クリニック ランキング

ランキングを見る

 

鷲鼻形成

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

鷲鼻は大きく2つのパターンに分けられます。

鷲鼻のパターン2つ
  • 鼻筋のみが盛り上がっているパターン
  • 鼻筋が盛り上がり、鼻先も尖っているパターン

軽度の鷲鼻の場合には、鼻筋の盛り上がり(ハンプ)を削り取るだけで済むこともあります。

 

ただし基本的には、鼻中隔延長や隆鼻術などを併用することで理想的な鼻に近づけていきます

 

というのも、鼻筋の盛り上がりのみを削り取ってしまうと横から見た場合には問題ないのですが、正面から見ると鼻筋が太くなってしまうからです。

 

鷲鼻形成に必要な鼻骨骨切りとは?

鼻魔女 鼻整形 オススメ クリニック

鼻筋が湾曲した膨らみは「ハンプ」と呼ばれますが、ハンプを削るだけでは鼻筋が太くなってしまいます。

 

そのため、鷲鼻形成では まず鼻骨を左右2つに切り離して、さらにそれぞれを削ってから再び引き寄せることで鼻の湾曲を解消します。

この結果、鼻の高さが失われてしまうこともあるので、場合によっては隆鼻術を併用することもあります。

 

また、鼻先のトンガリも解消したい場合には、鼻中隔延長も併用していくことになります。

 

このため、鷲鼻を解消するためには複数の鼻整形を併用する必要があり、整形費用はかなり高額になることを覚悟しておきましょう

鼻整形 オススメ クリニック ランキング

ランキングを見る

 

記事作成の際に、参考にさせて頂いた外部リンク一覧

一般社団法人 日本形成外科学会 / 厚生労働省 / U.S. Food and Drug Administration(FDA) /  一般社団法人 日本美容外科学会(JSAPS) / 日本美容外科学会(JSAS) /

鼻魔女 鼻整形 オススメ 鼻整形 オススメ クリニック ランキング 鼻魔女 鼻整形 オススメ